オウムを飼うときに知っておくべき8つのこと!世話のコツについても

CapD20160119_3

最近では、オウムはパーフェクトなペットだと考える人が増えてきています。オウムは美しく、魅力的でとても賢い生き物です。ですが、ブリーダーのもとへ行って初めてのオウムを手にする前に、オウムの飼い方について学習する必要があります。

ここでは、オウムのお世話に役立つコツをいくつかご紹介します。

オウムを飼うときに知っておくべき8つのこと!世話のコツについても


1 汚れて騒がしい自宅を覚悟する


オウムは果物の皮や種の皮、おもちゃをつっつき、ケージの周囲はとても汚れます。さらに言えば、羽や糞の問題もあります。大きなオウムは大きな騒音も出します。

カントリーソングを歌ったり戯言を叫んだり、居眠りしたいからと言って彼らに静かにするよう期待するのは無理でしょう。

しかし、ガレージに置いたり、孤立した部屋に閉じ込めるのは、良い選択ではありません。これだとオウムは感情的に不安定になり、精神的に病んだような状態になります。


2 場所と温度を考える


オウムは社交的な生き物ですが、それぞれのオウムによって違ったニーズがあります。あなたのオウムの気質次第で、あなたと頻繁に接すれるような場所にケージを置いてあげてください。キッチンは、料理の匂いがオウムにはとても有害なので、いい場所ではありません。

オウムは広範囲の温度に対して耐性があり、あなたにとって快適な状態に家を保っていれば、それはオウムにとっても快適だということです。温度の安定が、最も重要です。温度が変動してしまうと、オウムの健康に大きな影響を与えてしまいます。


3 食べるものに変化を


誰しも一日に同じものを食べるのは好きではないでしょう。あなたのオウムは、幅広い栄養素のあるバラエティーある食事を求めています。種だけ与えることはしないでください。獣医さんと餌について相談しましょう。

通常の場合、ミックスシードや小粒の餌、新鮮な青菜、野菜、豆類、穀物や果物が適しています。チョコレートやアボカド、アルコールやカフェイン、しょっぱいものや甘いものは与えてはいけませんのでお忘れなく。


4 おしゃべりを教える


オウムにおしゃべりを教えたいなら、沢山の時間を割いて教える必要があります。熱心にやるなら、1回に15分以上の時間をかけ、同じ言葉やフレーズを何度か繰り返します。

オウムは通常、よく耳にする言葉を真似るのです。言葉は短めに、2,3単語のものが良いでしょう。いくつか言葉を覚えたら、コミュニケーションに役立つような言葉も良いでしょう。
[ad#]

5 爪、くちばし、羽の状態に気を配る


オウムの爪が伸びていたら、獣医師のもとで切ってもらいましょう。オウムの爪には活発に血液が流れているので、切り傷が出血につながってしまうため、自分で試みるのはやめましょう。

羽とくちばしの状態も、健康の大きな指標になります。多くのオウムが栄養不足や病気が羽の減少やくちばしの奇形となって表れます。オウムの羽やくちばしの状態に異変があったら、なるべく早く獣医さんのところに行きましょう。


6 ケージを清潔に


オウムがそんなに汚さない場合は、ケージの底を二日に一度の頻度で掃除しましょう。敷物を取り換えて、種や殻、砂利などを全部捨てます。ケージの中のおもちゃは全部綺麗にします。

一日1回ちょっとした時間で、糞を全部掃除しておくのもおススメです。ペットショップで買える、鳥用の消毒液を使うようにしましょう。


7 おもちゃを違う場所に置き換える


一度ケージを洗い終えたら、オウムのおもちゃを違う場所に戻してあげましょう。オウムはとても賢くて好奇心旺盛で、犬や猫と違い、変化による刺激が好きなのです。オウムがおもちゃを探しているときは、遊びたかったり運動したい時です。


8 定期的に受診を


ずっとまったくの健康体であるオウムがいる一方で、だいたいのオウムは健康に何らかの問題が出ますが、獣医師の診察を受けることでこれを防ぐことができます。

でも、ちゃんと診てくれる獣医さんでないと、時間もお金も無駄にしてしまうので、ご注意を。


オウムを飼うときに知っておくべき8つのこと!世話のコツについてもまとめ


オウムをお探しなら、2匹かそれ以上の数を飼うのが良いでしょう。一人ぼっちでないほうが、オウムが幸せで長生きします。人間が孤独に耐えられないのと同じように、ペットも同様であることを、購入するときにお忘れなく。

あなたのオウムは幸せですか?幸せにするために何をしていますか?あなたのオウムの面白エピソードを、コメント欄に書き込んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>