肌は20代で決まる!簡単なお手入れスキンケア7つの方法

CapD20160119_2

20代のうちに、正しいスキンケア習慣を続けることは重要です。なにもスキンケアをしていないならば、間違いなくニキビがあったり冴えない肌だったりするでしょう。

幸運なことに、輝く美しい健康な肌は、いくつかの簡単なスキンケアの法則を規則的に続けることで簡単に保つことができます。お肌を壊すのをやめて、お肌をケアすることを始めましょう。

30代後期に経験する最初の深刻な問題は、シワです。20代のうちの妥当なスキンケアは、40代のより若々しいお肌への重要なステップです。今日は、お肌を健康にするための7つのステップをご紹介します。

肌は20代で決まる!簡単なお手入れスキンケア7つの方法


1 泡の洗顔料を使う


1日に1回は顔をクレンジングするべきだということはご存知でしょうが、なるべくなら1日2回はしたほうがいいでしょう。

私が20代のころ、自分の顔に何を使っていいかわからず、一般的な石鹸を使うことにしました。今ではそれが大きな間違いであったと気づきました。決して普通の石鹸を洗顔に使わないでください。お肌の健康に良くありません。

代わりに高品質の泡の洗顔料を選びましょう。シンプルなものが良く、使いすぎないように。


2 毎日軽く保湿してあげる


私が20代の時には、毎日保湿が必要であることを知りませんでした。ひどい乾燥肌になり、痛々しい吹き出物も出ました。ひとたび洗顔のときに軽い保湿をするようになってから、奇跡が起きました。全部の肌トラブルは1週間くらいで消え去ったのです。

もしあなたが20代ならば、しっかりした保湿は必要ありません。とても軽くて薄いものがいいいでしょう。良質の軽い保湿剤を使うのが賢いやりかたでしょう。


3 顔・首・胸を太陽から守る


外に太陽が出ていなくても、胸や首、顔の保護が必要です。20代の人なら、SRFクリームやローションはマストです。これで、肌を守ることで、20代のころと同じくらい美しい肌を保つことができます。

いくつであっても、しっかり続けるべき重要なスキンケアのルールです。
[ad#]

4 メイクしたまま寝ない


最も重要な続けるべきスキンケアの法則の一つに、決してメイクしたまま寝ないということがあります。メイクしたまま眠るたびに、毛穴が詰まり、さらに悪いことに、翌朝様々な汚れや脂がついた顔で目覚めることになってしまいます。

お肌を荒廃から守るために、寝る前には必ず洗顔するようにしましょう。そうすれば、朝には驚くほど新しい肌になっています。


5 夜用美容液をつかう


朝起きた時にとても肌が乾燥しているなと気づくまで、私は夜用美容液を使うべきだということを知りませんでした。今では、メイクを落とすたびにいつも夜用美容液を使っています。

細胞の再生を最大限にし、肌の保湿レベルを上げてくれます。朝起きた時に、しっとりしていて出来立ての引き締まった肌になっています。女性の皆さん、試してみてください、気に入りますよ。


6 ニキビを取ったり潰したりしない


これは誰しも覚えがあるでしょう。つねに起こっていることです。ニキビができて最初にすることは、取ったり潰したりすることでしょう。

でもそれは二度とやってはいけません!そっとしておかないと、痕が残ったり、沢山の問題が起きたりします。ニキビ専用薬を塗って、触らないようにしましょう。

これは続けるのがもっとも難しい法則でしょう。しかしやる価値はあります。


7 スキンケアをやりすぎない


最後に、スキンケアをやりすぎないということをお忘れなく。20代の人なら、軽く薄いものにしておいて、首と胸のお肌もおなじように保護しましょう。

顔にあまりクリームを塗りすぎず、軽い美容品だけを使いましょう。粗いスクラブはあなたのお肌を痛めます。汚れを剥がすことも必要ですが、優しいスクラブ洗顔料を使いましょう。


肌は20代で決まる!簡単なお手入れスキンケア7つの方法まとめ


あなたのお肌を驚くほど美しく保つために、これらの重要なスキンケアの法則を続けてください。年齢にかかわらず、適したスキンケア習慣が必要です。現代では多くの女の子たちが、お肌のことを気にしないがために、早いうちから小じわや顔のシワがあります。

さあ、あなたはどんなスキンケアを続けていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>