彼の誕生日をお祝い!喜んでもらうための7つの方法

CapD20160114

どうやったら彼の誕生日を特別なものにできるかと、お困りではありませんか?あなただけでなく、私も夫の誕生日まで1週間をきり、どうやってその日をより特別なものにしようかをずっと考えていました。

どんな誕生日もめでたいものですが、それが愛する誰かのものであれば、忘れられない一日にするため、あなたはできる限りのことをするでしょう。

贈り物にお金をかけるつもりでも、また、あまりお金がない場合でも、彼の誕生日をお祝いするいくつかの面白い方法をご紹介します。

彼の誕生日をお祝い!喜んでもらうための7つの方法


1. 旅行に連れていく


お金と時間があって、なおかつ彼が多忙でなければ、旅行へ行くというのも、彼の誕生日をお祝いするパーフェクトな方法かもしれません。
素敵な旅行先は数えられないほどあります。

もしロマンチックな旅に出かけるつもりなら、旅館やロッジも素敵な場所かもしれません。彼がアウトドア派なのであれば、キャンプに出掛けるのも良いアイデアでしょう。

でも、おふたりが家や新車のために節約中、ということであれば、彼とロードトリップに行くのもまた楽しいアイデアかもしれません。


2. 彼の好きな料理をつくる


あなたが料理ができて、彼の好きな食べ物を知っているなら、彼の誕生日の日に作らない手はないでしょう。私の夫の誕生日には、2~3の彼の好物と、まったく新しいものも作りたいと思っています。

男性は、女性がなにか美味しいものを作ってくれるのが好きなものです。もし彼が外食のほうが好きということであれば、彼のお気に入りのレストランに行くというのもいいですね♪


3. 気配りをする


おそらく、彼の誕生日にあなたがするべきもっとも大切なものは、間違いなく「気配り」でしょう。彼の誕生日には、愛する彼に、より気の利いた気配りをみせましょう。

携帯やテレビ、パソコンはオフにしておきましょう。あなたの友達やソーシャルメディアのことは忘れましょう。それから、家族や友人には、当日は手が空かなくなることを伝えておきましょう。

今年、彼の誕生日を、なんの邪魔が入ることなくお祝いすれば、きっと彼は喜んでくれるでしょう。
[ad#]

4. 彼の好きなデザートをつくる


確かにバースデーケーキは必須ですが、また違った新しいものをつくってみてはいかがですか?私の主人はバースデーケーキが好きではないので、美味しいデザートを作ってあげることにしました。

彼の好きなデザートをつくり、キャンドルと「ハッピーバースデー」のサインを添えれば、彼の誕生日はより特別なものになるでしょう。


5. 彼の好きなイベントのチケットをゲットする


彼が行きたがっているスポーツイベントやコンサートがあるなら、そのイベントのチケットで愛する人を驚かせましょう。あなたの贈り物をよりエキサイティングで忘れられないものにするために、2人がその会場に到着するまでチケットのことは言ってはいけません。

そのイベントが彼の誕生日当日でない場合は、ちょっとしたプレゼントを贈り、驚きの計画があることを伝えましょう。


6. ラブレターを書く


彼にメールや誕生日を祝う文章を送るのは、とっても簡単。でも、愛する人にラブレターを書いてみてはいかがでしょうか。

大切な誕生日を祝うためにあなたが手紙を書き、いかに彼を愛し、大切に想っているかを伝えましょう。彼は必ずこの甘く、小さな贈り物を気に入ってくれるはず♥


7. サプライズパーティーを仕掛ける


彼の誕生日を祝う最もよい方法の一つが、サプライズパーティーをすることです。パートナーに、あまり会う機会がない家族や友人がいる場合は特に素晴らしいでしょう。

大きなパーティーを開こうと思うなら、ゲストの皆さんには、一か月前には知らせておきましょう。サプライズのバースデーパーティーであることを忘れずに伝え、彼には知らせないようにしましょう。


彼の誕生日をお祝い!喜んでもらうための7つの方法まとめ


私たちは年を重ねるにつれ、誕生日のお祝いを省略しがちです。あなたの彼・夫は、自分の誕生日を祝うつもりはないかもしれませんが、幸運なことに彼には、「あなた」という、特別な日をより特別なものにしようと準備している人がいます。

これらのアイデアを、ぜひ彼の誕生日を忘れられないものにするための参考にしてください。

もし他に素敵なアイデアがあれば、気軽にシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>