おしゃれ女子必見!化粧ポーチに入れる必須9アイテムはこれ!

CapD20160108

最近では多くの化粧品が売られているので、化粧ポーチに何を入れて良いか悩んでしまいますよね。

ポーチの中がグチャグチャで何かを探しても見つからないときは、ポーチに入れる必須アイテムをリストアップしてみましょう。毎日使うためのアイテムを見つけ出してナチュラル・メイキャップを目指しましょう。

おしゃれ女子必見!化粧ポーチに入れる必須9アイテムはこれ!



1, リップクリーム

CapD20160108_1
荒れた唇でキスするのは当然NGなので、リップクリームは化粧ポーチには必須ですね。

常にポーチやお財布に入れたり、仕事場に置いたり。また、洋服のポケットや車にも置いておくのもおススメです。

最近のリップクリームは匂いや色などの種類が豊富なので、好きなものを選びましょう。荒れた唇とお別れするためにもぜひ忘れずに。


2, コンパクトミラー

CapD20160108_2
もう一つの必須アイテムは、コンパクトミラーです。鏡がないと毎日お化粧できませんよね。このコンパクトミラーは、化粧ポーチにすっぽり入って場所を取らないので非常に優れたものです。

それに日中のお化粧直しの時には役立ちますね。値段も手頃なので、化粧ポーチには必須アイテムに間違いありません。


3, アイブローコーム

CapD20160108_3
まゆ毛を自然な流れにするためにはこのアイブローコームが必要です。まゆ毛をカットした後にこれを使います。コームを綺麗にして化粧ポーチに入れておきましょう。


4, マスカラ

CapD20160108_4
一瞬のうちに目を大きくハッキリと見せるマスカラも、忘れてはいけないアイテム。

マスカラには、まつ毛をより黒くし白目の部分とのコントラストをハッキリさせる役割があります。朝起きて眠そうな目や疲れた目をしている日には、まつ毛にマスカラを付けるのが効果的です。

最近では多くのブランドからまつ毛のタイプによって様々なマスカラが販売されています。自分のまつ毛に合ったマスカラを選びましょう。高品質のマスカラはあっという間に目をパッチリと見せてくれますよ。
[ad#]

5, モイスチャー化粧品

CapD20160108_5
乾燥肌の人は、このモイスチャー化粧品は手放せませんね。乾燥肌はかゆくてイライラしてしまい、それにしわが増えてくると抵抗力がなくなります。

このモイスチャー化粧品はそんな乾燥肌に潤いを与え、肌をなめらかにしてしわができるのを防止します。値段はお手頃に売っているので、化粧ポーチにはぜひ入れておきたいアイテムです。


6, ファンデーションまたはコンシラー

CapD20160108_6
素顔に近いメイクアップをしたいのなら、ファンデーションかコンシーラーをポーチに入れておくのが良いでしょう。肌を綺麗、そして健康的にも見せてくれます。

これは、素顔メイクアップの基本アイテムです。明るめのファンデーションまたはコンシラーを選ぶのが良いでしょう。


7, リムーバー

CapD20160108_8
毎日メイクアップをするなら、このリムーバーは必須アイテムでしょう。化粧落としに時間がかかりますが、もし化粧を落とさないで夜寝ると、毛穴などに化粧が詰まり特に目元のメイクアップは危険です。

リムーバーは、液体タイプのものや拭き取りタイプなどがあります。どちらも効果的でリーズナブルな値段で、ドラッグストアなどで売られています。

リムーバーは簡単に素早くお化粧を落とすことができるので、化粧ポーチには必須アイテムです。


8, ビューラー

CapD20160108_9
目をパッチリみせるためにはビューラーが欠かせないでしょう。マスカラを使う前、またはマスカラは使わない時のどちらにも使えます。

まつ毛を長くそして太く見せるための優れたアイテムです。それにナチュラルメイクアップにも欠かせません。


9, ピンセット(まゆ毛抜き)

CapD20160108_10
まゆ毛を整えると、見栄えが違ってみえるのは当然ですね。まゆ毛を引き抜いて整えると、お化粧をしなくても目元付近が明るくなりますね。

まゆ毛抜きは化粧ポーチには必須アイテムですが、引き抜き過ぎないように注意しましょうね。


おしゃれ女子必見!化粧ポーチに入れる必須9アイテムはこれ!まとめ


というわけで、この9アイテムを化粧ポーチに入れておけば簡単で便利にお化粧をすることができます。

この他に必須アイテムがあれば、ぜひ教えてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>