海外ウェディングが人気!挙式までにすべき10のこと

CapD20160105

夏は海外ウェディングに最も良い季節の一つです。だから、もし、今年あなたが自分自身で結婚式をしようと計画しているのであれば、これらの海外ウェディング術を知っておくと良いかもしれません。

皆さんエキゾチックなビーチで結婚式を挙げたいですよね?はるか彼方のエキゾチックな場所はそれだけでロマンチックになれます。そのような場所での結婚は本当に素敵なことでしょう。

でも、あなたが海外ウェディングを楽しむ前に、いくつか重要な計画を立てる必要があります。ここでは、海外ウェディングの計画を立てるステップをご説明します。

海外ウェディングが人気!挙式までにすべき10のこと



1.適切な場所を見つける

CapD20160105_1
海外挙式の場所は、新郎新婦の性格が表れるようなところにしましょう。

例えば、もしふたりが自然が大好きな夫婦であれば、田園や農園などの場所が良いかもしれません。

ふたりがアウトドア派のカップルであれば、ビーチウェディングが良いかもしれません。ワイン愛好家ならば、カリフォルニアのワイン地方は素晴らしいアイディアになりますね。


2. 適切な時期でその場所をおさえる

CapD20160105_2
完璧な目的地を見つけることは、ただ単に写真上で良く見える場所を探すということではありません。結婚式を挙げる時期が最適かどうかを調べる必要があります。

もし、その時期に、その計画している場所が観光客でごった返していたり、台風シーズンの真っただ中だったり、単純に寒すぎて人気がなくて楽しむことができないなら、あなたは他の場所を選ぶ必要があるでしょう。


3. 決定する前に、予定地に行く

CapD20160105_4
時間とお金はかかってしまいますが、挙式地を決める前にできればその場所へ一度行っておきましょう。あらかじめ下見もせずに、簡単に場所を選ぶことはできません。

もしある場所を気に入ったら、自分たちだけで行くよりもその地域の海外ウェディングプランナーと一緒に行くのがおすすめです。

ほとんどの場合、遠く離れた地での挙式をそこへ行かずに完璧に計画するのはとても困難です。


4. その地域の結婚式の決まり事を調べる

CapD20160105_5
もし、あなたが海外ウェディングをするなら、その国や地域の結婚式の法律制度に沿うように考慮する必要があるかもしれません。

例えば、フランスでは、結婚を申請するにはフランスに丸40日間住んでいなければなりません。他にも、大抵は1週間以上住んでいることが求められます。


5. 追加料金を考慮しておく

CapD20160105_6
リゾートウェディングは、アメリカの主な都市で結婚式を行うよりも安い費用で行うことができます。とは言うものの、あなたの予算に追加費用がかかってしまうことを考慮しておくことは重要です。

家族への旅行の手配は、海外ウェディングを行うために明らかに予算に組み入むべきものです。また、同行する予定のベンダーの旅行費用も考えておく必要があります。
[ad#]

6. 手配を担当する専門家を見つける

CapD20160105_7
もし、ウェディングプランナーの提案があなたの予算を超えてしまっているなら、もう一つの選択肢があります。

それは、ウェディング会場としてリゾート地を選び、そのリゾート地での経営者に手配を委託することです。もし、この方法を選ぶなら、通常ウェディングプランナーに払う予定の費用を10~15%抑えることができます。


7. 何でも決める前に友人や家族に相談する

CapD20160105_8
たとえ、あなたに夢の海外ウェディングに必要な資金が十分あるとしても、ゲストたちはその旅行をする経済的な余裕がないかもしれません。

あなたの人生の中で最も大切な人たちが、来たくても来れないかもしれないのです。ですので、場所を決めてしまう前に友人や家族と経済的能力について話し合うことが良い考えだと思います。


8. クルーズウェディングを検討する

CapD20160105_9
海外ウェディングを必ずしも陸上で行う必要はありません。クルーズウェディングを船旅会社に申し込というのが、最近人気傾向にあります。これらの海外ウェディングは従来の結婚式よりも手頃な値段でできます。

クルーズウェディングは多くのメリットがありますが、デメリットも少しあり、最も大きなデメリットとしてはこのタイプの結婚式を計画するためにはより長い時間がかかるということです。

最も手頃な値段のウェディングクルーズパッケージを探して、ハネムーン用にお金を残しておきましょう。


9. 現地の言葉を話せる人を側におく

CapD20160105_10
たとえ、あなたが結婚式をうまく進行するためにウェディングプランナーのサービスを利用するとしても、現地の言葉がわからなかったら難しいかもしれません。

ベンダーまたは働いている人にあなたの嗜好を伝えることができないと、とても大変です。もし可能なら、通訳できる人を同行させるか、せめてウェディングプランナーに通訳者を一人依頼してもらうことを考えるべきでしょう。


10. 早めに計画を始める

CapD20160105_11
海外ウェディングの場所は前もって1年ではないとしても、通常、数か月前に予約されます。もし、あなたが計画を6ヵ月前に始めたとしても、すでに多くが受付を締め切っているでしょう。

前もってよく計画することが大切です。もちろん、もし、多くの追加費用を払える余裕があって、あなたの招待客が夏休みの計画をすぐに変更できるなら、あなたは1ヵ月で海外ウェディングを計画することもできます。


海外ウェディングが人気!挙式までにすべき10のことまとめ


母国から離れて結婚式を計画することは容易ではありません。真剣に話し合って、予約をして、計画についてゲストたちと相談して、最終的には計画したよりも多くの費用がかかることになるでしょう。

もうあなたは結婚式の開催場所を選びましたか?他に何かやっておくべきことはありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>