冬に食費を節約するための10の方法

CapD20151207_1

食費は年間かけて最もかかる出費と言ってもいいでしょう。そして冬は更に高くなりがちです。その理由は寒い月こそ沢山食べたくなりますし、行事もたくさんあるので食事も自然と豪華になるからです。

でも、前もって計画を組めば栄養をきちんと取りながらも節約することは出来ます。

ここでは冬でも食費を節約する方法をいくつか紹介します。

冬に食費を節約するための10の方法


1. 特価品は見逃さない

CapD20151207_2
肉類、乳製品等他にも高くつくものに関しては特価品を探すこと。何か安い物を見つけたら多めに買っておきましょう。そして余ったものはたいていの場合は冷凍出来ます。

たとえ賞味期限の近い肉であっても、必要な時まで凍らせておけば問題なく食べられます。


2. 色々混ぜてかさ増しを

CapD20151207_3
メイン料理に高い材料を使う代わりにいろいろ混ぜてかさ増ししましょう。例えば牛ひき肉を豆と混ぜることで量を増します。こうすることでいつも使用する半分のお肉の量で同じ人数のゲストを迎えることができますよ。


3. 穀物でお腹いっぱいに

CapD20151207_4
一般的に穀物は他の食べ物より安いです。また、炭水化物なので冬に必要なネレルギーを保持するには十分です。朝食にオートミール、昼食にサンドイッチを食べて穀物を摂取しましょう。

穀物の中でも特に全粒は健康には最適です。


4. 料理は何でも1から始める

CapD20151207_5
ケーキを一から焼くのはそんなに時間はかからず実際ケーキミックスを使うのとほとんど変わりません。材料が増えることで1、2分余分にかかるかも知れないですが、節約にはかかせません。

トマトソースから手作りパンまですべてレシピはオンラインで手に入れることが出来るので、挑戦しない手はありません。


5. クーポンを使う

CapD20151207_6
広告などで見つけられるクーポンは必ずチェックする事が大切です。

オンラインで自分の好きな食べ物のクーポンを探すのもありですし、好きな会社に素敵な手紙を送ったりする事でお礼としてクーポンが貰える可能性に賭けるのもありです。
[ad#]

6. パーティーでは各自持参

CapD20151207_7
冬は家族、友人、近所の人たちと集まって多くの食事をとりがちです。これは食費にかなり影響を与えます。

でもパーティーの主催者だからと言ってすべての物を用意する必要はありません。みんなでそれぞれ持ち寄ることで食費を気にすることなく楽しむことが出来ます。


7. まとめ買いをする

CapD20151207_8
人は多く使用するとわかっている物、例えばお米等に対しては大量買いをします。この方法はトイレットペーパーや石鹸等他の物にも使えます。だからといって買いすぎは禁物です。特に食品は必ず使う物を買いましょう。


8. 残り物の計画を立てる

CapD20151207_9
1日ですべての肉料理を食べずに、何回かに分けましょう。初日の夜にローストしたものは少し残し、次の日のスープやサンドイッチ等に使いましょう。少し手を加える事で肉料理をさらに長く楽しむことが出来ます。


9. スロークッカーを有効活用

CapD20151207_10
スロークッカーはどんなに安い固いお肉でも口の中でとろける位に柔らかくしてくれます。お肉、野菜、ハーブと少量の液体を鍋に入れてあとは低温で長時間温めておくだけです。

また、ここから出来た肉汁や野菜汁はパスタソースや、他のスープベースとして最適です。


10. ジェネリック商品を買う

CapD20151207_11
たいていの人は広告や商品陳列の効果によって名の知れているブランド商品を買っています。しかしもし節約したいならジェネリック商品を買う事です。

品質も有名ブランド商品と近く、価格はかなり安価です。約25%は節約できます。また、多くの場合ジェネリックのほうがおいしく、健康的です。ラベルをしっかり見てかしこく買い物しましょう。


冬に食費を節約するための10の方法まとめ


冬に食費を節約するために、生活を大きく変える必要はありません。買い物の仕方をちょっと変えるだけで、かなり節約することができます。

買い物を上手にするための鍵となるのが、適切な計画を立てること。買い物リストを持たずに買い物に行ったり、空腹のときに買い物に行ったりしては絶対にいけません。

そんなことをしたら、必要以上のものを買ってしまってお金を無駄にすることになってしまいます。

あなたは、冬に食費を節約するためになにをしますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>