夫の携帯を盗み見て妻が思う5つのこと

CapD20151117_14

どんな女性でも、誰かに嫉妬しているかしていないかにかかわず、彼氏や夫の携帯やスマホを週に一度はのぞいてしまうことがあります。一度もやったことがないなんて嘘はいけません!

パートナーの携帯をこっそり覗くのは悪い習慣ですが、でもなぜだめなのでしょう?もしかしたら、夫も、あなたがお風呂に入っている間や料理をしている間にこっそりあなたの携帯ものぞいているかもしれません。

あなたがいつも携帯を持ち歩いていない限り、絶対に見られていないという確証はないのです。

これは反逆罪?いえ、絶対に違います。ただの興味本位でやっていることです。でも、女性が盗み見をするときはたいてい相手を信用していないとき、というのは確かですが。

しかし、信じられないかもしれませんが、女性は相手を信頼しているときでも、携帯をつい見てしまうことがあるのです。

それでは、女性が夫の携帯をこっそり覗いてしまった時に思う5つのことをみていきましょう。

夫の携帯を盗み見て妻が思う5つのこと


1.どこから見て何を探す?


夫の携帯を盗み見とき最初に考えることは、どこから見て何を探すか、ということです。

夫の浮気を疑っているときは、何を探すべきかはわかっています。でも、ただ夫の携帯に何が入っているか好奇心で見る時は、とてもワクワクしてしまいます。

ショートメッセージやEメール、通話記録などをまずチェックしていると、ふと、なぜ私はこんなことをやっているのかと自分のやっていることがだんだん疑問に思えてきます…。


2.彼を信頼しているのに、なぜこんなことを?


夫の携帯を見ていると、ふとなぜ自分がこんなことをやっているのかと考えてしまうかもしれません。

何を見るべきかもわからず、未読のメールやメッセージは読めず、さらにそれを自分が読みたいのかどうかも分からず、携帯を見るのをいったんやめ、考え込んでしまいます…。


3.私が携帯を覗いていることが彼にばれたら、なんて言おう?


彼の携帯を見ている間は、もし彼にばれたらなんと言うべきか、心配が絶えません。ショートメッセージを見ながら言い訳を考え始め、そしてなぜ自分がこんなことをしているのかと思い始めます。

そう!なぜ夫の携帯をこそこそと覗き見しなければいけないのでしょう?寝る前に夫と大喧嘩がしたいから?

あのね、もし夫がひどい癇癪持ちだったら、本当に慎重にやるか盗み見はもうきっぱりやめた方がいいですよ。
[ad#]

4.えっ!?トモミって誰!?なんで私の夫とこんなに頻繁にメールしてるの?


メールを見ていると、トモミという女性からたくさんのメールが入っていることに気が付きます。ほとんどのメールは未読ですが、夫がすでに読んでいるメールからは何もわかりません。

「私どうすればいいの?」「彼にどうやって彼女のこと聞き出そう?」彼女はもしかしたら夫の古い友達かも、同僚かも、親戚かも、はたまた愛人かもしれません。

あなたは、「もう考えるのはやめよう。夫の携帯を覗くなんて、ばかばかしい考えだったわ!」と思うはずです。


5.もう二度としない


夫の携帯をこっそり見るなんて、お互いにとって不愉快なことだということを理解してもらえたでしょうか。携帯を見て何もなかったら、「もう二度としない」と考えるでしょう。ストレスと心配以外、何も得るものはないのです。

何かを得たとしても、どうやってそれを夫に聞くのですか?「あなた、今ちょうどあなたの携帯を見てたんだけど、なんか怪しいものがたくさんあるわね」とか「あのトモミって誰なの?」とか面と向かって言えますか?

夫の反応を想像できないでしょう。“好奇心は猫を殺す”です。覚えておきましょう。


夫の携帯を盗み見て妻が思う5つのことまとめ


誠実さが夫婦仲を保つ重要な要素です。もしあなたが嫉妬しやすい女性だったら、夫の携帯を勝手に見るのは絶対にやめましょう。

嫉妬心の強い人は物事を誤ってとらえ、真実を受け入れるのが困難になってしまいがちです。自分から夫との関係を悪くしておきながら、必ず自分が正しいと思い込んでいます。

私は携帯の盗み見がきっかけで別れたカップルをたくさん見てきました。もしどうしても夫の携帯の中を見たくなったら、きちんと許可をもらって、さらに自分の携帯も夫に渡してからするようにしましょう。お互いの携帯を一緒にチェックする方が、断然楽しいです!

あなたは夫の携帯を盗み見たことがありますか?どれくらいの頻度でやりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>