真夜中過ぎても眠れないときにおすすめの7つの方法

CapD20151113_13

私は時々夜に寝付けないことがあります。電気を消し、目を閉じて眠りにつこうと頑張っても、やっぱり眠れないのです。そこで、この不眠症をできるだけ簡単に対処するために、真夜中過ぎにやる楽しいことを探してみました。

睡眠を毎晩とることは大切ですが、たまには夜の美しさを楽しむのもいいものです。

それでは、真夜中過ぎても寝られないときにやってみたい素敵なアイディアを見ていきましょう。

真夜中過ぎても眠れないときにおすすめの7つの方法


1.夜のドライブへ行く


夜のドライブほど深夜の静寂を楽しめる方法はありません。これは一日のストレスやイライラすることから解放されるベストな方法です。

ただ楽しみのためだけに自分の町の中をドライブしてみましょう。大好きな音楽やラジオを聴いたり、ただ静けさを楽しんだりするのもおすすめです。誰もいない静かな道の景色だけでも、リラックスし疲れた心を癒してくれます。


2.星を眺める


これは、私が深夜にやることとして気に入っていることの一つです。

深夜の空ほど美しくて謎めいているものはありません。眠れないときは、外へ行って夜空を眺めてみましょう。夜空は私が人生で見た中で最も素晴らしい創造物の一つです。

夜空や星、月を眺めるのが私はとっても好きです。すごく神秘的です!


3.考え事をする


深夜の散歩ほど飛び抜けたアイディアを得るのにふさわしい方法はないかもしれません。

今取り組んでいるプロジェクトにしろ、どうにかしたい発想の行き詰まりにしろ、深夜の霧の中で考えを巡らせてみましょう。その問題を解決する素晴らしい案が浮かんでくるかもしれません!

一番クリエイティブな発想やアイディアはいつも夜に生まれてくるものではないでしょうか。
[ad#]

4.1人の時間を楽しむ


多くの人は1人になることを嫌いますが、たまに1人の時間を持つことは良いことです。素晴らしい芸術作品はいつも孤独の中で生まれると言われています。

1人の時間を楽しむのにふさわしいのはいつでしょうか?もちろん、深夜です!

じっくり考え事をしたり、瞑想したり、将来のことを思い描いたりするのに理想的な時間です。周りのみんなが寝ていて私だけ起きているときは、まるで私と月だけがこの長い夜を一緒に過ごしているかのように感じます。

深夜はあなたの好きなことに身をゆだねる最適な時間です。詩を書いてみたりしてはいかがでしょうか。


5.夜のツアーに参加する


お祭りの時期や特別な時期になると、たまに街中を回る深夜のツアーがあったりします。夜に1人で過ごすのが怖いという方は、この深夜のツアーへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

安全に夜の街を楽しめ、同時に不眠症に打ち勝つことができます。


6.映画を観る


どこにも行く気分じゃないときは、映画を観ましょう。観たくても今まで忙しくて観られなかったものを選びましょう。

夜遅くにも映画の上映を行っている映画館もいくつかあるので、そこへ行くのもおすすめです。深夜過ぎに映画を観るのは邪魔が全く入らないのでとても好きです。


7.ヨガをする


なんだかおかしく聞こえませんか?誰が真夜中過ぎにヨガをするでしょうか?

実は、眠れないときにヨガをやるメリットはたくさんあるのです。

眠れない~とイライラしながら5分おきに時計を見るかわりにヨガを楽しめるだけではなく、精神や体の健康を増進することができるのです。

大都市に住んでいる場合は、深夜のヨガクラスを探してみましょう。真夜中のヨガは最近どんどん人気になってきています。


真夜中過ぎても眠れないときにおすすめの7つの方法まとめ


夜は人生を楽しむのに最適な時間です。真夜中過ぎに眠れずに不愉快を感じるだけか、起き上がって楽しいことをし、幸せになって笑顔で寝床に戻るのかは、あなた次第。

あなたなら深夜に何をしますか?夜の時間を楽しんでいますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>