新しいチームやグループに馴染むための7つの方法

CapD20151113_12

新しい仕事に就くことは誰にとってもストレスを感じることです。でも、なぜそこまでストレスに感じてしまうのでしょうか?それは、自信がないために感じる恐怖や専門的な技術や知識、経験が欠けていることなどによって引き起こされているのではないかと思います。

私自身とても神経過敏で、新しい仕事に就くと勝手にいろいろと心配して、途方もない質問をたくさん自分自身に問いかけてしまいます。

この「もしも~だったら…」という質問の連鎖に取りつかれてしまい、気がおかしくなったり自信がなくなったり、さらには心が恐怖でいっぱいになり内向きになってしまうこともありました。

しかし、道理をわきまえ合理的に考える性格なため、そのような後ろ向きで強迫的な考えはやめ、短期間で新しいワークチームに必要不可欠な人材になるための共通のルールや規準、秘訣などを常に考えるようにしました。

これから紹介する7つの方法は効果的ではありますが、働いている人はキャリアの中の様々な場面で困難に直面することもあります。仕事で全てうまくやっていたとしても、チームは必ず仲間と敵対する人たちとに分かれるでしょう。

それでも困惑してはいけません。自分は誰からでも好かれる“貨幣”ではないと気が付くべきなのです。

もし職場にあなたに対し反感を持っている人がいたら、冷静になって今までとは違うアプローチを取りましょう。そうすることで状況を改善し、あなたが友好的でやり手の価値ある人材だと皆に分かってもらえます。

私の経験が、あなたが新しい職場環境に慣れ仕事仲間からの尊敬を得るのに役立てばとても嬉しいです。

新しいチームやグループに馴染むための7つの方法


1.第一印象がとっても重要!


新しい仕事に就くとき、今後の自分の成功や評価、地位は全て職場の人との最初の5分間の会話で与える第一印象にかかっていると言っても過言ではありません。職場の人たちはあなたの身なりや言葉遣い、マナー、物の見方などをよく見ています。

最近では、どの会社にも服装などを含めそれぞれの規則や規準、伝統などがあります。そのような決まりを破って服装などで個性を主張することはやめましょう。

チームの中でのもめごとのきっかけとなり、メンバーが皆あなたと敵対することになってしまいます。

それから、自分の感情をコントロールし、自信をもって行動するようにしましょう。不安そうにしていると、あなたの瞳は鏡のように心の中の感情を映し出してしまいますよ。

もし恐怖や不安をコントロールできなくなりそうになったら、感情を安定させるために静かに瞑想をしてそれらに打ち勝てるよう努力しましょう。


2.中立な立場をとる


新しい職場の人たちとのコミュニケーションはとても難しいものです。人はそれぞれに快適な領域“コンフォートゾーン”や偏見、考え方や信念を持っているということを理解しておく必要があります。

気楽でおおらかな性格の人は早い段階で心を開きあなたの友達になることもありますが、その一方であなたにちょっとした探りを入れ、すぐには自分のコンフォートゾーンに入れたり信用したりしたくないと思う人もいます。

もしあなたから距離を置いている人がいたら、まずはそれを受け入れ、彼らの意見を尊重することが望ましいです。

早く友好関係を築きたい場合は、職場の人たちが使っている言葉を使ってみましょう。彼らが使うスラングを会話に取り入れ、曖昧な言葉やフレーズ、ジョークなどは避けます。こうすることで、ただの見知らぬ人から尊敬される内部の人となれるわけです。

ただし、“中庸とる”ということを常に忘れてはいけません。このルールは人生やキャリアの両方で成功するための保証となります。大切なことは、どんなことでも行き過ぎてはいけないということです。


3.苦しくてもポーカーフェイスで動じない


新人として、職場での嫌がらせやその他の精神的な圧力に対して心の準備をしておかなければなりません。

なぜ仕事仲間が新人をからかったり馬鹿にしたりするか考えたことはありますか?

それは本当に嫌っているためか、新人の精神の強さやストレスの多いシチュエーションでどう行動するかを知りたいためです。このような辛辣なテストは、彼らにとってあなたの本当のカラーや強み、そして弱点をみるための機会となっています。

とにかく、職場の人たちがあなたを怒らせようとしても、冷静を保つためにできることを全て実践しましょう。

また、彼らは自分の地位を利用してあなたに関係のない仕事までどんどん課してくるかもしれません。

そんな時は、彼らに仕事はやるけどオフィスを一人で掃除したり、毎日残業したりはしないということを伝えておきましょう。そしてできれば仕事は平等に割り振ってほしいと提案しましょう。

自分の立場をしっかりと、でも冷静に伝えることは非常に重要です。
[ad#]

4.最初の1歩を踏み出す


率先して行動することが難しいのは確かですが、この習慣は平穏で成果のある人生の鍵となります。

仕事に就いたばかりだったら、自分の価値を示し、好意的な評価を得るよう努力しましょう。ただし、望みの結果を達成するには、仕事仲間との共通言語を見つけ友好関係を深める必要があるということを忘れてはいけません。

あなたは、地球のように丸いビジネスの空間に生きています。常に同じ人たちと会い対応していかなければなりません。

ではどうしたら職場で良い人間関係を築き保っていくことができるでしょうか?

新入社員は最初の1歩の踏み出し方を学ぶ必要があります。職場の仲間を誕生日や記念日などのお祝いに招待したりしてみましょう。リラックスし明るく陽気な雰囲気の中コミュニケーションをとるよい機会となります。

でも、羽目を外さないようにだけは注意です!あまりになれなれしくし過ぎると、軽蔑されてしまうかもしれません。


5.チームメイトを見つける


仕事中だからと言って、ずーっと一人で過ごしてはいけません。効率的で建設的なチームワークは多くの会社で主な大切なこととなっています。

チームの一人一人が大きなシステムの必要不可欠な一部として、互いに協力し懸命に働かなくてはなりません。これらの要求にそぐわない人材は解雇されてしまいます。会社は会社の安定と繁栄のためにそうできるのです。

わが身にそれが降りかかってほしくなければ、職場の仲間と良い関係を築くのにベストを尽くしましょう。

もし難しければ、まず親しいチームメイトを数人つくり、最新の情報を色々と教えてもらいましょう。経験があり尊敬されているチームメイトのサポートを得れば、他の職場の人からの評価も飛躍的に上がり、自信を持つことができます。

協力を求めるのにためらってはいけません。多くの人にとって新入社員への教育は当たり前のことです。

職場の人は様々な理由で新入社員に助言をしてくれます。無償のサポートは親切で優しい人たちが自主的にやってくれることなので、その人たち自身の自信や自尊心を高めたり、専門性を磨いたり、職場の雰囲気をよくしたりする効果もあります。


6.言葉遣いに気をつける


言葉はあなたの味方にも最大の敵にもなります。試用期間中は特に言葉に気をつけなければなりません。

言葉を発する前に、何を、誰に向かって、何のために言うのかを必ず考えましょう。あなたが発した言葉やフレーズはいつか同じように言い返されるかもしれません。

同僚や上司と一緒にいる時は、できるだけ仕事のことだけを話すのが無難です。誰かが他の人の噂を話していても、口は出さずに黙っていましょう。他のチームの人の悪口を陰で言えば、必ず相手に伝わってしまいます。


7.ポジティブになる!


ポジティブでユーモアのセンスがある人は、とても貴重な人材です。あなたがもしその一人だったら、その素晴らしい神から与えられた素質を最大限に活用しましょう。あなたの将来の可能性は無限に広がっています。

どんなに仕事に詳しいスペシャリストであろうがなかろうが、きさくな笑顔は新入社員でさえ魅力的で自信あふれる人にしてしまう不思議な魔法です。

ポジティブで笑顔が絶えない人は、いつもたくさんの人に囲まれていることに気付いたことはありますか?間違いなく、笑顔と前向きな態度がその人たちの魅力の秘密です。

職場の人と顔を合わせる時は、将来の成功のためにも笑顔を絶やさないようにしましょう。


新しいチームやグループに馴染むための7つの方法まとめ


新しい仕事のチームに馴染みたい時は、今回お伝えした7つのアドバイスを参考にしてみて下さい。大切なことは、自然に振る舞い、個性を見失わないことです。

あなたは新しい職場にもすぐに馴染むことができますか?同僚や上司とうまくやっていくために他に何か方法はありますか?ぜひシェアしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>