女性が「ごめんなさい」と言わないほうが良い6つのシチュエーション

CapD20151113

社会や仕事の様々な場面で人が「すみません」と言うのと同じように、女性はよく礼儀正しく「ごめんなさい」という言葉を使います。このこと自体には何の問題もありません。

でも、どんなに「ごめんなさい」を親しげに言ったとしても、相手にはネガティブな印象を与えてしまうかもしれません。この言葉はその人の弱さを面に出してしまい、相手にそれを受け取られてしまうのです。

身近な人との間では、ごめんなさいは魔法の言葉にもなりえます。喧嘩した後に仲直りしたり、安堵感や冷静さを取り戻すことができるからです。

それでは、社会や仕事の環境ではどうでしょうか。

少し考えてみて下さい。職場で、一般職員でも部長でも取締役でも、男性が「ごめんなさい」と言っているのをどのくらい耳にしますか?その頻度はとても少ないと思います。

では、女性はどのくらい「ごめんなさい」を口にしているでしょうか?少なくとも一日に一回は聞くのではないでしょうか。

女性が「ごめんなさい」と言わないほうが良い6つのシチュエーション


礼儀正しくいることは確かに美徳です。思いやりをもって行動することも、確かに大切なことです。そして女性には生まれながらに、または育った環境により礼儀正しさや優しさが身に付いています。

そんな女性が「ごめんなさい」というときは、たいてい以下の6つの場面のいずれかです。



・相手が言ったことが聞き取れず、もう一度言ってほしいとき。
・何かを持ってくるのを忘れて、取りに行くと伝えるとき。
・曖昧に話をしてしまい、明確に言い直したいとき。
・相手のプレゼンテーションが理解できなかったため、もっと説明してもらいたいとき。
・パーティーで相手の名前を聞き取れなかったとき。
・仕事でミスをし、それを修正しようとするとき。




ではなぜこのような場面で「ごめんなさい」と言うことで、自分の弱さを相手に感じ取られてしまうのでしょうか?

相手の反応は、住んでいる地域の文化に関係してきます。弱さや強さの定義は人々の中に定着していて、完全に捨てることはできなくなっています。いつかは様々な考え方が生まれていくといいのですが。

また、男性のものの考え方は自動的に正当だとされることが多く、一方で女性は自分の意見や考えをすぐに受け入れてもらえないというのも一つの文化です。
[ad#]

では、どうすればいい?


女性も男性を真似して何も言わなければよい、ということを勧めるわけではありません。ただ違う言葉を使えばネガティブな印象をなくすことができるということです。これは、男性は女性に対してステレオタイプや先入観を抱いていることが多いためです。

女性ができることは、言葉のチョイスを変えること。大したことには感じられないかもしれませんが、やってみると感じ方や表現など微妙だけど確かな変化が得られます。

それでももちろん礼儀正しく、丁寧で思いやりがあり、とても自然で女性らしい振る舞いとなります。違う言葉を使うことで相手との距離をおき、言葉は感情的なものではなくただ機能的なものだと示すことができます。

では、どんな言葉を使えばよいのでしょうか?

「ごめんなさい」という代わりに、女性は「お詫び申し上げます」「申し訳ありません」といった言葉を使いましょう。

この言葉の変化は、想像以上の影響があり、譲歩する弱々しさを取り払ってくれます。この弱々しさは「ごめんなさい」という言葉を使うことで意図していなくても相手に伝わってしまう印象です。

人間は予期できることにしか対応できないものです。あなたはただ自分に有利になるよう言葉を変えているだけです。

これは、ただ普通に返答したり黙ってしまったり、自分の力を失ったりせずに、上記の6つの場面に対応する方法の一つです。


女性が「ごめんなさい」と言わないほうが良い6つのシチュエーションまとめ


最後に、礼儀正しさは誰にとっても大切なことです。でも、不合理なことから一度離れてみましょう。

現代的な意見では、女性はもっとたくさんの権利を持っているはずだと言われています。これは、女性が感じたことを正しく伝え、女性の強さを世間にアピールするためにも必要なことです。

そうするには様々な方法がありますが、大切なことは言葉の小さな変化で何を意味したいのか明確にすることなのです。

「ごめんなさい」と言いたくなったら「お詫び申し上げます」や「申し訳ありません」という言葉を使ってみましょう。

こういった言葉を使うことで、あなたはどう感じますか?意識に変化はありましたか?相手の反応の違いに気が付きましたか?なにかこの効果はありましたか?

体験したことをぜひコメントしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>