就寝前の子どもに絵本を読み聞かせる7つのメリット

CapD20151112_24

子どもを作ろうと考えている人も、すでに妊娠している人も、小さい子供に枕もとで絵本を読み聞かせるのは良いことだと聞いたことがあると思います。

一日中働いて、絵本を読む数分すらうっとうしくて疲れると感じてしまう親がほとんどですが、実は、絵本の読み聞かせは子どもの感情や精神的健康に良い影響があるのです。

それでは、就寝時に子どもに絵本を読み聞かせる7つのメリットを見ていきましょう。もう子どもに絵本を読み聞かせるのをさぼれなくなりますよ。

就寝前の子どもに絵本を読み聞かせる7つのメリット


1.子供の想像力を高める


夜の絵本の読み聞かせは、子どもの想像力を高めます。子どもが健全な想像力を持つことは大切です。なぜなら、想像力が子どもの心を働かせ、素早く、かつ効率的に物事を考えるよう教えてくれるからです。

豊かな想像力のおかげで、子どもは将来様々な問題に対して効率的な解決策を見つけられるようになるのです。想像上のキャラクターや場所、状況などを心に思い浮かべる能力は、生活をより色彩豊かに、幸せにします。

そのため、親は子どものその能力を発達させる必要があるのです。


2.お金では買えない時間


夜の読み聞かせは、親子にとって忘れられない時間となります。親としてあなたは子どもに、昔パパやママが面白いお話を読んであげたことをいつまでも覚えていてもらいたいと思うでしょう。

お互いに「おやすみ」と声を掛け、眠そうな美しい顔に可愛らしい笑顔が浮かんでいるのを見るのは、お金で買えない幸せな瞬間です。数分だけでも読み聞かせをして、こんな素敵な思い出を作りましょう。


3.子どもの言語能力を上げる


絵本を読むことで子どもの言語能力の向上にもつながります。子どもは親が発する言葉をたくさん覚えて語彙を増やしていくので、親は読むだけではなく同時に教えてもいるのです。

子ども達は、話を読んでいる中であなたが言及した言葉を特に覚えるようです。たくさんのお話を聞くことで、子どもは自分の意見をよりうまく言い表せるようになります。
[ad#]

4.読むことの楽しさを伝える


絵本を読み聞かせているとき、あなたは子どもにもっとたくさんの本を将来読むように刺激してもいるのです。読書が好きな子どもは、たいてい小さい頃に寝る前に本を読んでくれた親がいます。

映画やアニメばっかり見ている子ども達は、ただ読むことのメリットを知らないのです。

子どもにたくさん本を読むように促せば、将来成功する大人になれるでしょう。


5.子どもの脳を刺激する


ママやパパから物語を聞いているときに、子どもの頭にいくつの疑問が生まれているか想像してみてください。

「これはなに?」「あれはなに?」子ども達はまだ知らないことがたくさんあるので、親がたくさん読めば読むほど、子どももたくさん質問してきます。そして、たくさん質問をすればするほど、たくさんの答えを得て、より賢くなっていくのです。

寝る前の読み聞かせを毎晩続けると、子ども達は親の助けなしに自分の質問に自分で答えようとするようになります。これは、子どもの脳は優れた素早い働きをするためです。


6.最高な子守唄になる


もしあなたが歌えなかったり、何かの理由で歌いたくないときは、子ども達をより早く眠りにつかせるために絵本の読み聞かせをするのがおすすめです。読み聞かせが子守唄より劣っているわけではありません。

最近ではたくさんの絵本が出版されているので、あなたの好きなものを選んで読み聞かせ、幼い時期から子どもを教育することができます。これは、子どもの楽しみとなるだけはなく、親自身の発音や話し方の練習にもなります。


7.賢い子どもにする


本を読むことは、人を賢くさせます。例えば、子ども達が親の語る物語を聞いているとき、彼らは文法や単語を学んでいます。物語からたくさんのことを学べば、子ども達が学校で良い成績を取るのに役立つでしょう。

さらに、どの物語もモラルに関する側面があり、何が良くて何が悪いかを教えてくれます。言い換えれば、物語は社会の基本的な概念や、適切な振る舞い方、人生そのものについて、示してくれているのです。


就寝前の子どもに絵本を読み聞かせる7つのメリットまとめ


いかがでしたか?これらの7つのメリットを知れば、子どもに寝る前の読み聞かせをするべきかどうか、議論の余地はなくなりましたね。

どんなに疲れていても、数分時間を見つけて、短い物語だけでもいいので子どもに読み聞かせてあげてください。子ども達はきっと将来あなたに感謝するでしょう、これは約束します。

あなたの一番好きな絵本は何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>