20年前にはなかった!子供が憧れるおもしろい職業6選!

CapD20151109_11

ここ20年で最も大きな変化を遂げたのが、テクノロジーです。現代では、数百万人の人へ向けての映画のストリーミング配信や様々な科目のオンライン講座など、1990年代初頭には存在しなかった職業がたくさんあります。

他にも、当時誰も予想していなかったような仕事がたくさん生まれてきました。

それでは、そのうちのいくつかを一緒に見ていきましょう。

20年前にはなかった!子供が憧れるおもしろい職業6選!


1.ネットフリックス(Netflix)の動画のヴューアー

CapD20151109_12
ネットフリックス社(Netflix)の動画のタグ付けをする職員は、毎日会社に来て視聴者に公開される前の映画やドラマをただひたすら観ます。居心地の良い環境で映画やドラマの世界に何時間も浸っていられるなんて、理想的な仕事に思えますね。

でも、一つだけ欠点が。

それは何を観るかは自分で決められず、全てネットフリックス社に指定されてしまうこと。会社から与えられたものだけを観て、自分の好みが反映されることはありません。

そして肝心な仕事とは、ただ観るだけではなくその映画やドラマをジャンルごとに分け“タグ”をつけていくことです。与えられる映画は子供向けのアニメからヘビーメタルのコンサート、ホラーやアクション系まで様々なジャンルがあります。

タグ付けの仕事をする人はジャンルの分け方を説明しているガイドラインに従って各映画やドラマに評価をつけていきますが、映画の批評家のように良いか悪いかを判断していくわけではありません。

例えば、評価カテゴリーの一部として映画内の暴力的なシーンの度合いを判定し、ネットフリックスがその映画をサイト内の適切な位置に配置できるようにします。

この仕事をしているほとんどの人はパートとして週に数時間から最大で20時間勤務しています。


2.アプリ開発

CapD20151109_13
今最も需要のある仕事の一つがアプリ開発です。この仕事は一般市民のほとんどにとってまだSFのような存在です。

アップルやアンドロイドのGoogle Playで利用できるアプリは100万個以上あります。これら全てのアプリはたった7年間の間に作りだされたのです!それはまさに儲けの多いアプリの津波が押し寄せてきたようで、そのほとんどが成功しています。

アプリ開発に携わっているプログラマーはたいてい自分の給与を自分で決めることができます。新しいアプリへの需要は、まだまだなくなることはなさそうです。


3.アイマックス(IMAX)スクリーンの清掃員

CapD20151109_14
映画用の巨大なアイマックススクリーンは、誰が掃除しているのでしょうか?このスクリーンはなんと8階建ての建物と同じ高さがあり、隅から隅まで掃除するのに7時間以上はかかります!

このスクリーンの清掃員は、プロの技で非常に高価なこの物体を傷付けないよう注意深く取扱い、完璧に仕上げます。

柔らかい繊維(マイクロファイバー繊維または羊毛)が先端に付いたとても長いポールを使って、スクリーンを縦横に拭いていきます。窓ふき洗剤などは使いません!
[ad#]

4.空の上のベビーシッター

CapD20151109_15
多くの航空会社で、機内で騒ぐ子供たちや注意散漫なその親たちのために、ベビーシッターを搭乗させて世話をさせることにしました。

親はベビーシッターを雇い、フライト中幼児や乳幼児を楽しませ、落ち着いて静かにしていられるように面倒を見てもらいます。

この“空飛ぶベビーシッター”は一時的な仕事ではありません。ほとんどの人が必要な資格を持っていて、子供の心理学や行動についての研修や、子供のしつけ方の研修も受けています。

うるさい子供がいる家族の搭乗を禁止する最近のトレンドよりは、ずっと前向きな方法ですね。


5.倫理的ハッカー

CapD20151109_16
倫理的ハッカーの平均給料は、約9万ドルと言われています。彼らは、企業のセキュリティシステムの中の問題や弱点を見つけてくれるため、とても貴重な存在です。さらに、彼らの仕事には違法なハッカーの発見も含まれています。

ITの部署は、会社を回していくためのデジタルテクノロジーを監視・管理しているので、何度も違うルートで侵入してくる者たちを事前に防がなくてはなりません。

ここで、プロテクターとして雇われた倫理的ハッカーは、繰り返し新しい方法でシステムに入り込み、ファイアウォールや暗号化プログラムなどを破られないよう防御しているのです。


6.CLO(チーフ・リスニング・オフィサー)

CapD20151109_17
CLOの出現ほどテクノロジーによるマーケティングの変化を象徴するものはないのではないでしょうか?

CLOとは、活発にSNSを閲覧し、一般の人がその企業に対してどのようなイメージを持っているかを調査する仕事です。もうアンケートや街頭調査を行っている時代ではないのです。

CLOはツイッターやフェイスブック、ブログやウェブを常に見回り、企業に関するコメントや商品ブランドについての意見を集め、そしてそのデータを対応する部署に直接提示します。

彼らはマーケット分析に必要な用語を理解し、最も重要な情報に的を絞ることができます。この職は企業がどう広告キャンペーンを評価するかを判断するだけではなく、どう顧客と前向きに接し客層を増やしていくかを検討するのにも役に立っています。


20年前にはなかった!子供が憧れるおもしろい職業6選!まとめ


他にも1990年には存在しなかった珍しい職業を知っていますか?あなたの仕事もその一つかもしれませんね!

哲学者は、人が想像できることはなんでも実践可能だと教えてくれました。技術がさらに進歩すれば、新しいものはさらに増えます。おかしな仕事も、そう遠くない未来にまたたくさん出現するかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>