ストレスの主な原因はこれ!気をつければストレスはなくせる!

CapD20151109

何かを心配したり、怖がったり、緊張したり、不快な気分になったりすると、ストレスの原因となります。でも、このようなことは誰にでも起こり得ること。

人は皆ストレスを感じてしまうものなので、まずその影響を知り、できるだけ早く解消するようにしなければなりません。

多くの場合、ストレスの主な原因は気を付ければ避けられるものです。今回は、そんな誰でも簡単に避けられる9つの主なストレスの原因をご紹介します。

ストレスの主な原因はこれ!気をつければストレスはなくせる!


1.心配性


例えば、どうやって生活をやりくりしていくかをいつも考えていると、それはストレスとなります。

このように、もしある特定のことについて絶えず考え、心配していれば、それは確実にストレスの原因となり、自分自身を抑制させることができなくなってしまいます。

忘れないで。最後にはきっと全てうまくいきます。いつかは、睡眠を邪魔するような悩みがあったことなんて忘れていますよ。


2.ネガティブな考え


物事をよくネガティブな方向に考えていませんか?あなたは楽天家ですか、それとも悲観論者ですか?

いつもネガティブに考えてしまうことは良くありません。例えば、お金がないとか、良い仕事が見つからないとか。このような考えは全てストレスとなってしまいます。

ネガティブ思考な人はポジティブ思考な人より心臓病のリスクが77%も高いということを科学者たちは証明しています。そのことを忘れないでください。


3.悪い人間関係


誰も孤独にはなるべきではないし、誰かと真剣に付き合いを始める時はそれが間違ったことではないかきちんと考えるべきだということは確かです。

でも、一人でいる時はストレスがかからないので、時には一人の時間も良いものです。また、人と真剣な付き合いを持つことで、どんな問題があるかや、どれほど心が緊張し疲れるかも考えてみましょう。


4.空腹


これはストレスの最も大きな原因の一つです。誰でも空腹のときは少し神経質になってイライラしやすくなりますよね。

このような状況を防ぐためにも、どこかへ出かける前には家で何かを食べてくることがお勧めです。それか、フルーツやキャンディ、チョコレートなどをバッグに入れておいて、急にお腹が空いた時に備えておくのもよいですね。


5.怒り


ちょっとイラっときたくらいではストレスにはなりません。ストレスになるのは心のうちに隠された、非常に大きく、怒り狂わせるような感情です。

日常に起こる例としては、電車に乗り遅れたり、お弁当を家に忘れたりした時に感じるような怒りが、積み重ねってストレスとなります。
[ad#]

6.恨み


明らかに、恨みはストレスの主な原因です。もし何かにとらわれていれば、それは確実にストレスに繋がります。

忘れないで、その不快な感情の理由は、他人に聞いても分かりません。だからこそ、自分自身で前向きに考え、問題を解決して人生を楽しみましょう。


7.嫌な仕事をしている


仕事中にストレスを感じることは普通のことです。たとえその仕事が好きだったとしてもです。

でももしあなたが好きになれない仕事を続けているのなら、余計にストレスがかかり、みじめに感じてしまいます。自分が楽しめる、好きなことをやるのが一番。そんな仕事を見つけられるよう努力をつくしましょう。


8.幼い頃のトラブル


不快な記憶は全て忘れてしまいましょう。それらはストレスになり、常にあなたを邪魔することになります。時々人はこのことにあまり注意を払わず、自分のイライラの本当の理由を理解することができないことがあります。

においや音楽、場所や人など、全てが過去の苦い記憶を呼び起こしてしまいます。これを克服するためには、精神が強くなければいけません。その嫌な記憶をきちんと見つめなおすことで、最後に気持ちが落ち着くかもしれませんよ。


9.孤独


孤独はストレスのとてもよくある原因です。一人でいても気にならない人や、一人でいることが好きな人さえいる一方で、そんなことすら考えることができない人もいます。人はたいてい恋人や親友といることを好むのです。

人間は、いつもぴったりくっついているオオカミの群れと比較することができます。人間も危険を回避するために“群れ”で生活するべきなのです。数あれば安全あり、です。

一人で淋しく感じていることは、確実にストレスの要因となっています。


ストレスの主な原因はこれ!気をつければストレスはなくせる!まとめ


これらの情報が、あなたが自分のストレスの原因を見つけ、それを克服するための行動を起こす手助けになることを祈っています。

あなたはストレスを感じやすい性格ですか?それともなんでも気楽にやり過ごせる人ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>