ストレスなしで学期末試験を乗り切る7つの方法

CapD20151106_2

試験が嫌いな人は多いかもしれませんが、試験そのものは悪いものではありません。特定の分野の専門知識を付けるのにとても役立ちます。

試験を怖がってはいけません。もし何かに得意になりないなら、専門家や教師たちからの指導が必要です。誰かに間違いを指摘されるのは気分の良いことではありませんが、自分の間違いを正すには良い機会です。

もちろん、体はこれにストレスを感じていますが、このストレスはあなたが思うほど悪いものではありません。心理学者のケリー・マクゴニガルは、このストレスはあなたを支える体からのサポートのようなものだと考えています。

行動をとる準備をするために鼓動は強くなり、脳に酸素が多くいきわたるように呼吸が早くなるのです。このようにストレスも悪いものばかりではないということを理解すれば、そのストレスを自らの原動力に変えることができます。

それでは、試験という不安な状況を切り抜けるための方法をいくつかみてきましょう。

ストレスなしで学期末試験を乗り切る7つの方法


1.どんな状況にも対応できるよう準備をしておく


まず初めにしなければいけないことは、テストでベストが尽くせるよう、全て準備しておくことです。

例えば、テストで何が必要となるのか、教授や先生に尋ねておきましょう。電卓や表は必要ないか、また、役に立つ情報はないか。ペンを使うべきか、それとも鉛筆か、マーカーが良いのか、他の文房具も必要となるのか、などなど…。

こんなこと、それほど重要には思えないかもしれません。

でも、想像してみて下さい。テストの日にクラスへ行ってみると、あなた以外のみんながテストに必要なものを準備して机の上に置いています。この状況をみて、ストレスを感じませんか?こんな状況、避けたいですよね?

なら、テストに向けて小さいことでもきちんと準備しておくようにしましょう。


2.遅刻しない


テストの日は早めにクラスへ向かう準備をしましょう。誰も、人生の中で最も重要なイベントのひとつである学期末試験の日に遅刻したくはないはずです。遅刻すれば、不安な気持ちが強くなり、もちろんベストを尽くすことができなくなってしまいます。

また、テストを見直す時間もなくなってしまい、よくありません。

ただ朝の化粧に時間がかかったり、起きる時間が10分遅くなったということのためだけに、自分にストレスをかけてはいけません。落ち着いて行動するためには、試験の15分以上前にはクラスに着いているようにしましょう。


3.クラスメイトとも協力する


1人で勉強したいというのもわかります。そしてもちろん、まずやるべきことは自分の知識を増やし、試験で良い結果を出すことです。

しかし、クラスメイトから離れる必要もありません。お互い邪魔をせず、話していることをよく聞いて、また自分が分からないことを怖がらずに聞き合いましょう。

クラスメイトの誰かは、きっとあなたのわからない部分を説明してくれるはずです。また、反対に自分がみんなを助けることも忘れてはいけません。

グループでも効率よく勉強できる人たちはたくさんいます。そんなグループに入れたら、テストに向け自由に議論し合いましょう。
[ad#]

4.邪魔なものは排除する


テストで失敗しないためには、ベストな方法で準備を進める必要があります。

そのためにやらなくてはならない4つ目の方法は、携帯やスマホを含め周りにある全ての娯楽や邪魔なものを排除することです。SNSやメール、ニュースなども見てはいけません。勉強に集中しましょう。

周りの人も避ける必要があります。簡単ではありませんが、できるだけそうするようにしましょう。誰かとしゃべったりテレビを観たりしてはいけません。あなたの勉強の邪魔になり、必要な情報が頭に入らなくなってしまいます。

これを適切にやれば、必要なことは全て数回で覚えることができます。よそ見をしなければ、勉強するのに時間はかかりません。


5.必要なことは全て勉強しておく


試験に向け準備を進める一番の方法は、やっぱりしっかり勉強することです。

各教科に平等な時間を割り振れるように、勉強の計画を立てましょう。そして、計画に沿って全教科しっかり勉強するためには時間がどのくらい必要か、考えておきます。テストの前日まで勉強を先延ばしにしてはいけません。後悔先に立たず、です。

自分自身の不安や緊張をコントロールし、この勉強はすべて自分の将来へつながることだということを心にとめておきましょう。誰のためでもなく、自分のためにやるんです。

先延ばしすることにメリットはありません。それによって、結局はストレスや虚無感を感じることになってしまいますよ。


6.睡眠をしっかりとる


睡眠は休息をとるのに最適な方法です。もし睡眠を適度にとっていなければ、生活の質はすぐに悪化してしまいます。

身体は1日に7~8時間の睡眠を必要としています。体の疲れを回復するためのこの時間を削ってはいけません。よく寝れば、試験の結果も良くなります。

よくテスト前日に徹夜で詰め込む人もいますが、これはいけません。学期末試験の前夜はとても大切な夜です。エネルギーをしっかりキープしておくことで、試験ではベストを尽くすことができるのです。


7.おやつを食べる


空腹のとき、私はモンスターのようになります。何もする気が起きず、何をやってもうまくいきません。そんな時は、おやつをつまんだり、食事をとったりして気分を安定させましょう。

テストで成功するためには、自分自身にエネルギーと活力を入れなければなりません。空腹では何にも集中できませんが、試験はとっても大切なもの。10分や15分少し休憩して何かを口にするだけで、結果は全く変わってきます。

適切な睡眠と健康的な食事は、イライラや疲れを避けたい時のあなたの親友です。


ストレスなしで学期末試験を乗り切る7つの方法まとめ


あなたの試験が全てうまくいくことを祈っています。自分と自分の身体を大切にして、緊張や疲れを感じさせないようにしましょう。

よく寝て、よく食べて、準備をしっかりして、先延ばしにせず、自分の将来について責任感を持ちよく考えるようにしましょう。

あなたにはストレスなしで試験を乗り切る秘策が他にもありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>