あなたの知らない夢に関する7つの驚くべき事実

CapD20151106

人は昔から夢について関心を持っていました。寝ている間に夢を見るのはごく自然なことです。でも、その夢の不思議な性質について考えることはほとんどありません。

どうやって夢は心の中で生まれるのでしょうか?夢に関する興味深い事実は、とても知る価値のあるものです。人は自分で気が付かずとも夢を見ることができます。

睡眠障害で不眠症に悩んでいる人もいますが、そのような人たちは結果的に夜に夢を見ることができないため、普段起きている間に夢を見ています。この現象はいわゆる幻覚として知られています。

それでは、このような夢についての驚くべき事実をいくつか見ていきましょう。あなたが寝ている間に心の中で何が起こっているのか理解するのに役に立ちますよ。

あなたの知らない夢に関する7つの驚くべき事実


1.誰でも夢を見る


確実に全ての人間は夢を見る能力を持っています。夢を一度も見たことないと言い張る人も何人か知っていますが、それはただ単に見た物を覚えていないだけです。

面白いことに、人は一生のうちで見る夢のたった10%しか覚えていません。これは、幼年期にたくさん夢を見て大人になってからその記憶を呼び起こすのが難しくなるためです。


2.夢と現実は相互に関連している


夜に見る夢のほとんどは、生活の中で起こっている物事を反映していると知って驚く人もいるでしょう。例えば、寝ている間に音楽が聞こえてきて目が覚めるとその音楽がラジオやテレビで流れていた、ということはよくあります。

私も、目覚まし時計が設定した時間より遅く鳴ったというひどい夢を見たことがあったのですが、ちょうどその時目覚ましが鳴って目が覚めました。これと似たような経験はありませんか?

この現象はどう説明できるでしょうか。実は、体が深い眠りについているときは、体自体がなかなか起きることができないのです。これが理由です。


3.誰もがカラーの夢を見るわけではない


信じられないかもしれませんが、世界の人口の12%の人はカラーの夢を見ることができません。そのような人たちは白黒の映像しか見えないのです。

研究者たちによると1950年代より前は、もっと多くの人が色彩のない夢を見ていたそうです。

現在カラーの夢を見る人が多くなったのは、カラーテレビの登場が大きく影響していると考えられています。


4.動物も夢を見る


ペット、特に犬を飼っている人は、そのペットが夢を見ているのを見たことがあると思います。動物が寝ている間に吠えたり鳴いたり走ったりできるということは、よく知られている事実です。

ネコや馬、ゾウなど他にもたくさんの動物も夢を見ることができます。
[ad#]

5.ストレスを感じることについて夢見ることが多い


もしその日一日ストレスを感じる場面がたくさんあった場合、それが就寝後の夢にも出てきてしまうことを覚悟しておきましょう。ほとんどの場合、ストレスとなっている物事は現実とは違ったかたちで夢に現れてきます。

例えば、周りにいる人たちが不誠実だと感じたことはありませんか?このような不快な感情を持っていると、夢の中では彼らが変なコスチュームを着て出てくるかもしれません。

また、不思議なことに同じ夢を何度も見ることもあります。例えば、私はある男性のために自分を変えようとしている友達について何度か夢を見たことがあります。夢の中では、彼女がマスクをかぶって別な人のふりをしているのです。


6.盲目の人も夢を見る


盲目の人も夢を見ることができるって知っていましたか?世界の美しさを楽しむことができない代わりに、睡眠中にある程度の映像を見ることはできるのです。

盲目の人にも2つのタイプがあります。生まれながらに盲目の人、そしてある理由で視力を失った人です。これら2つのタイプの違いは、生まれながらに盲目の人は夢の中では映像を感じたり、音が聞こえたり、においが分かったりするだけ、ということです。


7.夢を見ている間にオルガスムを感じることもある


多くの人が性的な夢を見ることがあるのは秘密にすることではありません。それはまだ経験のない思春期の時期から始まります。

夢の中で感じるオルガスムは現実で感じるものよりもっと激しいと聞いて私はとても驚きました。このことは誰にも言わないでおきましょうね!


あなたの知らない夢に関する7つの驚くべき事実まとめ


夢は本当にすごいものです。そしてとても特異なものです。夢を見たことがない人なんてこの世に絶対に一人もいません。時には寝ている間に見た物を簡単に忘れてしまう時もあります。しかし、現実の生活に近い夢は長い間覚えていることもあります。

素敵な夢でも、ひどい悪夢でも、夢は現実から逃避できる場所です。

他にも夢に関する面白いことを知っていたら、ぜひ教えて下さいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>