お金で幸せになれない3つの理由

CapD20151105_4

人生のうちでいつかはお金持ちになりたいと思っている方は多いでしょう。

“もしもっとお金があったら、私に人生はきっともっと楽で、幸せで、輝いているはず!”このようにたくさんの人が言っているのを私は毎日耳にします。お金持ちの人でさえ、このように言っているのです。

でも実際は、お金はあなたの人生をコントロールし、完全に変えてしまうものなのです。お金があればより権力が強くなり自信もつくと感じるかもしれませんが、幸せにはなれません。

流行りのものにたくさんのお金を費やせば、その時は楽しかったり幸せだったりするかもしれません。でも、それが本当の幸せでしょうか?
もちろん違います。

ここでは、なぜお金があっても幸せになれないのか、その最も明白な理由をリストしました。

ぜひ人生の本当の意味や、人生におけるお金の本当の役割について理解を深めて下さいね。

お金で幸せになれない3つの理由


1.ストレス


お金は、慢性ストレスを引き起こす主な原因の一つとなっています。

大富豪になりたいと思ったり、実際に多額のお金を持っていたりすると、常にストレスにさらされることになります。貧困に悩む人がお金持ちになりたいとあがく一方で、お金がある人はいつか自分が貧乏にならないか常に恐れているのです。

例えば、借金に困っていたとして、お金を得るための方法を考えそのせいでトラブルに巻き込まれれば、時間や努力が無駄になるだけでなく、ストレスで健康まで損なわれてしまいます。

「多額のお金は大きな問題を生む」、このことは覚えておきましょう。

慢性的なストレスは不安やその他多くの健康問題につながる恐れがあります。

それでもまだお金で幸せになれると思いますか?もちろん、生きるためにお金は必要ですが、それを人生の優先事項にしてはいけません。
[ad#]

2.人間関係の崩壊


これまで数多くの調査で、お金が人間関係をだめにする最大の理由だということが分かっています。

お金に関する争い事が、交際相手や友人と別れる最短の道です。数年前、私自身も金銭トラブルで仲の良かった親友を1人失いました。とてもひどい過ちを犯してしまったと、今でも後悔しています。

私はその親友に多額のお金を貸したのですが、お金を渡した後彼女は私に対する態度を変え、電話やメールも通じなくなったのです。お金のことを何も話すことができず、私は彼女の行動が理解できませんでした。

私たちは10年ほどよい友達として付き合っていたのですが、そのことが彼女が私と縁を切りたかったのだということに気が付くのを難しくしていたのだと思います。

最近ではよく彼女に会いますが、お金の返済を求めたりはしません。お金は悪魔だからです。それにもしお金が戻ってきたとしても嬉しいとは思いません。彼女になぜ私たちの長い仲が続かなかったのかと聞くと、彼女は「借りたお金を返したくなかったからよ」と正直に答えました。

この場合、誰も悪くはありません。お金以外は。

お金のために親や兄弟、友達、夫や妻、仕事仲間との関係を壊すようなことはしないでください。お金に執着することなく、考え方を変えれば、どんな人間関係もうまくいきますよ。


3.お金の依存性


お金には強い依存性があります。近年では多くの人がお金に依存していますが、これは薬物依存症やアルコール依存症に似ています。

なんとなく憂鬱なとき、お金をもって気晴らしに買い物に行こうと考える人は多いでしょう。でも心の中が幸せじゃなければ、ショッピングをしても気分はよくなりません。

お金に依存して人生を棒に振るのはやめましょう。あなたはそれくらい強いはずです!毎日少しずつでいいので、金銭依存症を克服していきましょう。


お金で幸せになれない3つの理由まとめ


お金は多くの問題を解決してくれますが、全てを正してくれるわけではありません。

私には現在40代の友人が数人いますが、皆お金のことを考えるのに今まで時間を費やしすぎたと言っています。友人たちは人生の時間を無駄にしていたことに気付いたのですが、私はお金に関する考え方を変えるのに遅すぎることはないと常に思っています。

世界がお金に取りつかれている今だからこそ、愛や家族、幸せなど、人生で最も大切なものを思い出すことが必要なのではないかと思います。お金は、目標を達成するための単なる便利な道具で、人を幸せにするものではありません。このことをぜひ心の中にとどめておいてください。

お金は奇跡を起こせると思いますか?お金持ちになりたいと思いますか?
それはなぜですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>